特定疾病入院保険金

  • 医療保険

責任開始期以後に被った特定疾病を直接の原因として、平常の業務に従事することまたは平常の生活ができなくなり、その特定疾病の治療を目的として入院された場合に、1回の入院につき60日を限度として被保険者にお支払いする保険金です。ただし、保険期間を通じて1,095日が限度となります。


この回答で問題は解決できましたか?
はい いいえ

関連する用語

お問い合わせ

お探しの情報が無かった場合は、こちらからお問い合わせください。

ページID:
T20181