車両保険

  • 自動車保険

車両保険は、ご契約のお車が事故によって損害を被った時や盗難にあった時に保険金をお支払いする保険です。お車に定着(ボルト・ナット等で固定されている状態)または装備されている付属品も補償の対象となります。

三井ダイレクト損保の車両保険には補償の範囲によって一般タイプと限定タイプ(注)の2種類があります。

なお、車両保険はお車の型式や初度登録年月(軽自動車の場合は初度検査年月)、車両価額等によってはお引受できない場合があります。


車両保険タイプ別補償範囲図

全損の場合(修理費が保険金額(ご契約金額)を超えた場合も含みます。)

「全損」とは、次のいずれかに該当することをいいます。

  • お車の損傷を修理できない場合
  • 修理することはできるが、その修理費が車両保険金額以上となる場合
  • お車が盗難され発見できない場合

車両保険で全損の場合は、車両保険金額の全額をお支払いするとともに、車両全損時臨時費用保険金として保険金額の10%(ただし20万円を限度とします)をお支払いします。

分損の場合

「分損」とは、お車の修理費が車両保険金額未満となることをいいます。
車両保険で分損の場合は、損害額から免責金額(自己負担額)を控除した金額を車両保険金としてお支払いします。

  • 車両危険限定補償特約により対象となる車両事故を限定することで、車両保険の補償の範囲が限定され、車両保険(限定タイプ)となります。
この回答で問題は解決できましたか?
はい いいえ

関連する用語

お問い合わせ

お探しの情報が無かった場合は、こちらからお問い合わせください。

ページID:
T20011